<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

中学生ってまだ…

☆やっぱりかわいい☆

あぁ、やけど。
家電がほとんどない我が家にある、唯一の家電。
日本から持参のパソコンと、それからBKKで購入した、唯一の電化製品ポット。
(ほかの電化製品といえば、ドライヤー、アジアンチックなライト位…)
そのほか、冷蔵庫もない、テレビもない部屋にもう半年もすんでいる。

なので、家ではお湯を沸かして、コーヒーを落とすことくらいしかできない…。
(ま、インスタント味噌汁やおかゆなどの「お湯だけ」系ならOKだけれども…)
熱い蒸気の立ち込める先にある、コーヒー豆の缶に手を伸ばしたばかりに、やけどを負った…。
熱かった。
なので、昨日はひたすら冷やした後に、薬局に行き、そして湿布を購入。
(みっともないので、いつもよりも長居袖の服を着ていたものの)
そんなモノを見つけた生徒。
何気なく気遣ってくれる人もいれば、そうでない人もいる。

いくら勉強できても、やはり人間的に可愛くないと、それは全く人間として可愛くない。
可愛くないやつとは関わりたくない。

本当、人をけなして笑いものにしかできない奴が、若干ながらいるのだ。

どちらかというと、私の通う塾には
頭がよいとされる生徒たちと、そうでない生徒の両極端。
前者のほど、たちの悪いものはいない。
(さらにこの前者の大半が、どちらかというとルックスもまぁまぁよく、8割がた女の子の好きそうな顔なのである。)
そんな可愛くない奴ら。
一人一人を見ていると、実はけなげなのに、これが集まるといきなり強気になり、そして悪態をつき始める。
全くもって困ったもんだと、頭を抱えるけれどもいわせたい奴には言わせておいて、かまわないのが一番。

そんな奴らもいるかと思いきや、本当に気遣ってくれる紳士的な子。
14歳の彼。
とっても紳士的な振る舞いと、クールな反面、たまに見せるお惚けなところがかわいらしい。
授業の際には一番前に座り、
そしていつも私を「先生」と呼ぶ。
特にこのクラスにおいて、私を先生と呼んだことのない、さらには名字を呼び捨てにする彼らの中で、
唯一の存在だろう…。

いつも「私を先生と思ってないんだから、私を先生などと呼ぶ必要はない。
名前で呼ぶのは大いにOK!」とはいっても、
どうやら名前で呼ぶのは恥ずかしいらしく、
ごもっては「せんせぃ…」などと呼んでいる。面白い。

そんな彼もまだまだ中学生。
GUCCIのめがねケースにはきちんとフルネームのステッカーが貼ってある。
中学生って、まだこの辺が中学生なのよねぇ。

ジャニーズにいてもおかしくない様なルックスの彼。
英語の時間、ちょうど習ったばかりの
「"SHALL WE DANCE?”って言ったら、先生ヒク?」
とか言ってきた。

って言うか、「私なら”SURE! LET’S☆”と言ってしまうわ♪」と答えた。
だってね。
そんなこといえる男の子、なかなかいないし、それにそういうどちらかというとロマンチックな男の子ってなかなかいなくない?
そんなセリフいえるような男の子、貴重だと思うの!(それに似合ってるからこれがよい。
これでキモかったらさまにもならない…あぁ、また地雷仕掛けてしまったわ。アハハ)

そんな彼は、いつか
お姫様抱っこをして喜んでもらえるような女の子とデートしたいとか…

お姫様抱っことかって…誰でも嬉しいとは思うんだけれどもなぁ…

中学生ってまだまだこの辺が、中学生なのよねぇ。
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-30 23:30 | ♪myself

AMAZING people

びっくりしたよ~!
全くびっくり☆

今日は、今年のクラスで一番煩い奴らのやつらの授業だった。
そんな彼らが制服で塾に来た…

話しをさかのぼること、一週間前。

私が通う塾では「塾通信個評」があり、
各教科を担当している先生が、生徒の学習状況を評価し、
そして各自に渡している。

そんな英語の評価。
普段も煩いことに輪をかけてますます煩くなった…
なぜかって…。

不満らしい。

いつもは私服の彼ら。

この国では、日本人学校のバスでみんな登校。
ということで、一緒に帰宅するとか、帰宅途中を待ち伏せするとかはなし。
(全くかわいそう…中学生のときって、話したり、目が合ったりでどきどきできるのにね。私も、帰り道でいろんなどきどきしたもんなぁ…笑)
ひとつのコンドミニアムに大型バス3台とかが送り迎え。
本当にすごいと思う。

そんなんで、塾に来るもの、みんな私服。
そんな中の彼らの一人の私服を以前、
「もちろん私も好きだし、9割がたの女の子にウケルカッコウだね☆かわいい」
などど言ってしまったものだから、大変。
その子の「宿題」に関する評価がよかったということで、
「ファッションセンスで人を評価している」と主張し始めた…。

そんなひょんなことから、「平等に評価!!!!」してほしいと訴える彼らが、制服で来ていた☆
(もちろんその褒めた子も制服で。)

かなり塾の中でも浮いていた…。
しかしさすがタイ。
制服はタイ人文化と同様に、上が白&下は黒。
これなら何でもOKらしい。
たとえそれが黒ジーンズでも。
白Yシャツも、POLOだろうが、EASTBOYだろうが、PLAYBOYだろうがOKらしい。
そして子供なりにも、これらの3ブランドが一流らしい。
面白い一面が見えたとともに、面白いことを耳にして…。

可愛かった♪
ほら、中学生の制服って久々にみて、今日は私自身もポロシャツで行ったから、なんとなく中学校教師気分(?)。笑

なんだか自分自身も中学生に戻った気分になっちゃって、とっても素敵って思った。

ちょっとわくわくした☆←あわわわわわわ。

私が中学生のときって…。
3年間陸上してて、
朝錬して、授業受けて、昼食べて。
午後も部活して、帰宅しては疲れてへとへと。

そんなに勉強した覚えはないんだけれども、それなりに勉強していたかなぁ…。
でも人生において一番勉強したときが、高校受験のための、中学生のときだったと思う。

お兄ちゃんの友達にドキドキしてて、卒業式に彼のボタンをもらってはその後しばらくは宝物にしていて、
そして生徒会もしていたから何気に時間も遅かった。
けれども帰宅途中に男子がわざわざ待っててくれたのに、偶然を装っては送ってくれたりと。
もちろんそんなことを悪い気はしないにせよ、毎日されるとうざかったり、しかしそれなりに自分からかまったりして…。
ほんとに毎日あっというまに過ぎたなぁ。

楽しかった3年間。
ありがとうございます。
私の中で
今でも大切な思い出です。

そしてそんな多感な時期、楽しい時期を日本から離れ、地元も考え方もちが人たちに囲まれて暮らしている、
ここBKKの日本人学校に通う、彼ら。

そんな彼らにも素敵な3年間だったと思ってもらえるように、
思いっきり楽しんでもらいたいと思う。
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-25 23:55 | ♪myself

☆お買い物☆

あぁ、素敵☆
今日は思い切り買い物をした☆

というよりは、昨日から続けて今日もお買い物♪

昨日は結局、ずっと行きたかったCOACHに行って、
そのままぶらぶらして、おしゃべりしながら歩いて、
そして3人で、小龍包を食べに行った。
お酒はなし。

そのおかげでご飯がたくさん食べられた。
ここの小龍包はうそ臭くない!
よく、日本で食べれると、高いだけ高くて、うそ臭い、肉汁も出てこないような、似非小龍包を食べさせられたような気分になるが、
さすがお客さんも、中華系が多い。
それだけ本格的ってことですな。

そして、今日は日用品のお買い物もしたものの、
サンダルを購入☆
セール中の洋服も欲しかったんだけれども、なかなか普段会社に着ていくような服はなかったので、やめておいた。
しばらくはお買い物、なしかな。

先週まで続いた、二束のわらじの生活、15日間のアルバイトのご褒美。
ま、自分への頑張った事を何か形にしておかなければ…なので、今回は、毎日使える日常的なバックとサンダル。
とはいっても、先週の久々のBKK夜遊び&ご飯代に消えているのがほとんどなので、かなり自己満足の世界なのだが…笑

そしてデパートならどこでもあるフードコートでご飯を食べて帰宅したのは、4時過ぎ。
餃子をみんな注文しているので、(昨日に引き続きとは言えど)餃子を注文した。

あれれ?
揚げられた。
見た感じ、焼き目がこんがりなのかと思いきや、何と揚げ餃子だった。
ま、うまかったけれども、それと一緒にハイネケン←こっちのほうがうまかったわ!
休みの日に、昼から飲むアルコールって、なんとおいしいのでしょう☆うふふ

そして、今度ここのフードコートで、カオカオムーと呼ばれる、豚肉角煮かけご飯を食べようっ。
かなり煮込まれててうまそうだった。

フードコートって、本当に差があるの。
MBKは人はすごいけれども、そんなにおいしくない。
エンポリも。
やはり、人が入るからって、それに任せて怠けちゃ駄目だよね。
食で人を呼べるのって、本当にすごいと思う。

やっぱり、他人がおいしいといったものは、自ら食さなくちゃ!
一番信用ならないのが、広告に任せて、名前だけは有名な店とか、雑誌に載っているような店。
もちろん、情報源としてはいいんだけれども、
日本人観光客ばかりが集う店って、高くて普通の味しか提供してない。
一般向け、ということでOK何だろうけれども、やはりいまいち。

もっと安くておいしいもの、たくさんあるのに、やっぱりちょっとしか滞在期間がない旅行だと、
リゾート気分だから、それを満喫していただければ、それで、OKなんだよね。

そんなことで昨日、ここはTHAILANDなんだと実感した瞬間。
そして、こんな南国気分を味わったら、「THAIって素敵!」と思うだろう瞬間。
また来たいと思うだろう瞬間。

HYATT HOTELのロビー。
吹き抜けで、南国にしかない、木々が生い茂り、そして小川というか、水槽の水がなんともいえない安らぎを作り出している。
そして、設置されている椅子やテーブル。
全てが(当たり前だが)素敵!

WOW☆とは言わずにはいられない。
私もあんなところに、泊まってみたいなぁ…。

南国生活。
やはり素敵。
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-24 21:57 | ♪amazing thailand

タイの祝日


昨日一昨日とタイの祝日だった。
と言うことで飲み屋という飲み屋が閉まっていた。

タイでも4連休。
普段と比べても塾生が少なかった。
そんなわけで、普段は10時までの勤務時間だったにもかかわらず、
今日は8時半に終了。

なので、帰宅途中にどこかによってお酒でもたしなみかったにもかかわらず、
どこもやってない!

だからだ!!!!
わかった☆

なぜか、普段はいないようなファランと呼ばれる西洋人が
屋台で酒を飲み干していた。
さすが。タイ。
どうやら、仏教系の休みらしく、そんな日には、国中がお休み気分………………………………どうして?

そんなことを言われると、余計にアルコールの摂取がしたくなるもの。
ひたすら自宅で飲んでいた。

そして、リポ系の栄養剤をウイスキーで混ぜるとおいしいとの情報を聞いて、試さずにはいられない。
即効試した。
おいしかった☆

そんなんで、ついつい飲み過ぎてしまった・・・
今朝、起きてまず思ったのが、「あぁ、やっぱり飲みすぎた…」
結局、一人で、一瓶空けた…
最近そんなに飲むことがないので、本当に久々に飲んだ感じ。

そして、この間びっくりしたこと。
やはり、一人で部屋で飲んでいた・
しかも、DVDを見ながらのんびり、まったりと飲んでいた。
あれれ?
なんだこれ?

は?
マジ?

ウイスキーの甘い香りに誘われて、蟻さんこが登場!そして行水。
そして泥酔.......つまり死去。

その日はそんなんで私が摂取する予定だった、アルコールが蟻に食われた。
あぁ。悲しい。

今日は土曜日☆今日は中華を食べに行く予定☆
そして久々にSHOPPINGもしたいわ♪

しかし今日は祝日。
お店、やっているのかなぁ…?
疑問ところだわ。
でもきっと大丈夫!
だってそこがなくても、どんなところでも遊べるし、何でも食べるものはあるからね!
うふふ

あぁ、ちょっとフランスパンを食べすぎて、おなかいっぱいだわ~
でも、ま、いっか。
夜にはおなかもすくだろうし、そしておいしい中華を目の前に出されれば、食べない奴なんている訳がない!
それを楽しみに、もうちょっと、頑張ろう!
(と言うことで、ただいま授業の合間です)
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-23 11:25 | ♪amazing thailand

楽しかったBKK遊び

楽しかったBKK遊び...
とは言っても、BKKにすんでいる以上、毎日遊ぶことはできる。
しかし、仕事もあるし、いろいろあるし…。
でも、海の日の祝日を利用して、友達が札幌からはるばるやってきてくれた!
しかもどちらかというと、強行突破といえるほどのスケジュール。
土曜夕方IN
月曜朝 OUT
実質、一日半しか遊べない。
私の知ってる限り、彼女をBKKツアーへと誘い込んだ。
(ベタベタだけれども)チャイナタウン、チャオプラヤー川での夕焼け(ワットアルンを川越しにみる風景は絶景だった)。
e0007801_1315986.jpg
そしてカオサンに集まる人ごみの中、踊って大声で話して。タイの踊れるところって、昔の日本のようで、耳が壊れるかって位の大音量の音楽の中、みんな踊っている。
踊り方なんて、誰も気にしない。めちゃくちゃに踊ってもOK!

これが意外に楽しい!
そして友達もかなりウケテ&楽しんでいた!
e0007801_13152688.jpg
余談だが、ここに一人のカッコよいタイ人がいた!
100人に一人、もしくは1000人に一人くらいの確率のカッコよさ!(?)
すっとした鼻筋に、きりりとした目。
タイ人らしく、背はそんなに高くなかったけれども、カッコよかったね!でもいかにもって感じの遊び人っぽかった。

大部分のタイ人は、ダンゴっ鼻で、だだっ広いのだ。
明らかに国民の大部分がそれ系。

ま、さておき、
それから夜通し繰り広げられるマーケットに足を伸ばし、結局何も買わなかったけれども、
私自身いったことのない場所にも足を伸ばし、
有意義な週末だった。

翌日は、マッサージ、買い物、タイ料理、夜の街散策、と
いかにもって感じのタイ散策。

でも本当に楽しかった!

最近、仕事しかしてない気がしてたから。
休みの日は、(どこの国にいても同じように)掃除洗濯。
そして日用品の買出しと、いかにも生活が密着しているのである。
とほほ。

でも、友達が来てくれたおかげで、
何となく、BKK遊びを思いだした!
ここに来た頃は面白くて、休みの日は朝から晩まで出かけ歩いたなぁ。

今週末は週末も夕方まで仕事だからどこかに行くことはできないけれども、
取り合えずマッサージには行ける。
これは毎週末、疲れきった自分への癒し。
今週ももう金曜日。
もう一踏ん張り!
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-21 23:55 | ♪amazing thailand

素敵なこと

素敵なこと…
最近ないなぁ…。
でも今週末、友人が遊びに来る。
でもでも、土曜日夕刻にきて、
そして月曜日早朝に帰国する。

ということは、実質一日しか遊べないのだ。
なんともいうハードスケジュール。
そんな中遊びにくるのだから、本と頭が下がる。

そんな彼女のために、一生懸命、寝不足覚悟であそばなくちゃね。
久々に(彼女リクエスト)カオサンに行く予定☆
そして何をしようかなぁ。
マッサージにも連れて行きたいし、彼女も行きたがっている。
あとはあとは…

普段の生活になってきた、私にとってのタイ生活。

日本って、素敵な所。
今まで生まれ育ってきた私が言うのもなんだけれども、
日本に帰ったら、まずは何をしようかなぁ…。

おいしいもちもちっとしたご飯食べて、
おいしい卵を焼いてくれる、アナゴがおいしい寿司屋でおすしを食べたい。
(とはいっても、一緒にお酒を飲むといつもあまり食べられずに、後々後悔する羽目に…とほほ。おなかいっぱいお寿司たべたいわぁ)

それから、寒い雪道の帰宅途中のコンビニで缶チューハイ買って、
身をさすような寒さから解き放たれて家の中ではノースリーを着つつも、その開放感を味わい、
さらに暖をとりながら、さっき買ったばかりの缶チューハイを飲み干す。

あぁ、素敵☆

この国では、冷房がんがんかかっているので、オフィス内ではみんな上着は欠かせない。
冬物を着て出勤できることは、タイ人には一種のステータス。
それだけエアコンの効いたオフィスで働けるんだということの。
この国に来たころ、どうして南国のこの国で、セーターやコーデュロイのパンツが売っているのが不思議だった。

しかし、今ならわかる。
ジャケットがほしい。
寒くて風邪を引くんじゃないかってくらい。
なのでオフィスから一歩でると、いままで寒い中で縮こまっていた、自分が温まっていくのがわかる。
まるで、札幌とは真逆な感じ。
日本からもて来ればよかったと思ったものの、ひとつにジャケット。

あぁ。今日は一日朝からずっと雨。
昨日も夜中雷なっていた。
そして今日も麻から雷が。
さらに今も光ったり、音がなったりと。

雷は嫌い。
そして雨も嫌い。

日本にいるころは、なんだか雨が好きだった。
梅雨時期の延々と降り続く雨の日は湿気もあったので嫌いだったけれども、
それ以外は何か、街中が落ち着いて、そしてじーんとする感じが好きだった。
なので雪も好き。
初めて札幌での雪を体験したときには、「降りすぎ!」って思ったけれども、今ではそれも好き☆

しかし、この国の雨は好きにもなれなそう。
だって、雨が降ると、道路が氾濫する。
下水が発達してないのが大きな原因だが、ひざ下くらいまであふれた道路の中を
車も余裕で進んでいく。

そうなってしまうと、歩いていたらもう終わり。
どうすることもできない。

私はまだ遭遇したことがないが、よく、塾生が登塾途中に雨に遭い、前進ずぶぬれになってくる子がいるが、もうかわいそうの一言。
ご愁傷様としかいえない。

いきなり、予告なしに、半端なく振り出しては去っていく。
スコール。
本と南国なんだわ、ここは。

毎回、日本の素敵と、タイの素敵に出会いながら過ごしている感じ。

あ、でもこれ読んでいる限りでは、タイの素敵、見つけられないね。
今度は「タイの素敵」探し、ご報告しまっす!
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-13 14:52 | ♪wonderful japan

恥じらい

タイ人って、恥らうことを知らない国民の集まりなのかも知れない...
といっては、かわいそう過ぎるかもしれないので、
おかしい!という感覚がやはり日本人とはずれていると思う。

タイ人の嫌いなところをあげだせば、きり長いので、あまり国民性を攻めることはしないにせよ、
どうにもこうにも、公に鼻をほじるのは、かなりの下品というか、気持ち悪いというか、
どうにもコウにも
どうしようもないのである。

道端でも、カフェでも、地下鉄の中でも、ご飯を食べながらでも、そして人とお話しているときでも
とにかく鼻ホジルの大好き。

しかもかわいくない!
指の第一関節までは余裕ですっぽり入っている!
もう見てしまった瞬間に、その日の運勢決まるくらいに、気持ち悪い。
決して鼻をほじるな!とはいわないが、場所をわきまえろ!といはいいたい。
しかし彼らにとってはいたって普通の世界。
もう誰に何を言われようが関係ないのである。

もう、国では、何でもありなのがわかっていただけるかしら...?

先日、絵に描いたようなおタクというか、生理的に受け付けられない人が、
BTSと呼ばれる交通機関の中、半径3Mの距離にいただけでも辛かった…。

160センチ、体重90キロくらいありそうな、(絶対中華系)タイ人。
半そで短パンで、白い靴下が黄ばんでいた…。
人をどうのこうのいえる立場ではないが、その人もまた鼻をほじっていたのである。
(あぁ、書き記すだけで顔がゆがむ…おぇぇぇぇぇ)
そしてその鼻ホジも豪快で、指がえぐり出るかのように、なぜか一生懸命。
そしてその指をどこに持っていくかと思えば...。
ぁぁ。なめた。
そしてBTSの壁につけている…。

もう本当に苦笑というか、失笑。
気持ち悪いにもほどがある。

彼のリュックサックの中は(いうまでもなく)パンパンで、全てがはちきれんばかりの男だった。
見るからに30代後半の、油ギッシュ、若かりしころのにきび跡が既にクレーター化していた感じの人だった。

これは書き記して、私の人間性を疑いたくなるかもしれないが、
書き記した以上、そういうことも思うし、そして感じるおろかな人間。
所詮、不出来な人間ですが、
恥じらいはあるつもり。

タイ人と日本人を比べた時に、
やはりタイ人の恥じらいってやつは、感覚が違うんだと思った。

会社の中をはだしで歩き、公衆トイレにもはだしのままに出かけていく。
トイレから出ても手を洗わない人の確立、約半数。
感情を表すことが宗教的に恥ずかしいことだとしつつ、そういう人間はおろかだと人を指差して笑うにもかかわらず、わが身になったら、半端ない。
男女の痴話げんかを街中で見ることはかなり稀だが、そんな場面に遭遇すると、ものすごく怖い。
女は平手打ちを連発し、ののしりまくる。
男女間では、女のほうがその権力を持つ傾向があるこの国の恋愛では、
そういった場面の男たちは呆れ返るか、うんざりしてる。
女の子守をしてる感じが多々あるのは確か。

この辺の「変」を今度書き綴るとして、
今日は先週遭遇してしまった、どうしようもない場面で、
「やっぱりタイ人、汚い」っていう感じのお話。

でもね。
変なところではきれい好き。
屋台飯のフォークスプーンを、食膳に自ら拭き、そして使用する人の確率、約半数。
コップのふちが汚いといっては、飲食前に交換してもらう人の確率、2割。

でも、屋台で食べること自体、もうそれで、屋外。
交換しても、所詮同じなのに。
だって。洗っている場所が、そのコンロのとなりの水桶から組んでいる水なんだから…

気分的な問題なんだろうな、きっと…。
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-12 15:03 | ♪amazing thailand

友人と知人

今「結婚願望」という本を読み終えた。
山本文緒という人の本。
もともと読書家でない私は、知人の勧めるままこの本を借り、そして読んでみた。
この本の持ち主は、前の会社の先輩で、なんとも不思議な人だった。

33歳。独身(これを書く必要はあるのだろうか…)。
しかし、私が知り合った最近の人では、彼女の生き方には尊敬する部分が大きく、
そして大好きな人だ。

誰もが、ある一定の年齢を過ぎたあたりから既婚者・未婚者を気にするというか、何と言うか…。
もちろん、私も未婚者。
というよりは、独身と言いたい。

こんな区別と同様に、「友人」と「知人」。
この区別をするには、どんな境なんだろう…。
これも人によってまったく違うのだろう…。

先ほどの私に本を貸してくれた彼女を、知人と書き記した。
私には知人なのだ、と改めて実感。
というか、むしろ彼女を「友人」と呼ぶには、何か慣れなれすぎないかと思う。

友人と知人。
私の境は何なのだろう…。
バンコクにいる人はほとんどが知人のように思われる。

そして、私にも友人と呼べる人。
そして親友と呼べる人もいるのは確か。

福島で生まれ育ち、そして札幌で長い期間を過ごした。
福島で私の知る人たちを、私は「友人」と呼ぶだろう。

そして札幌では半分が「友人」、そしてそのほかが「知人」となるのかな…?

極端に言えば、私にとって、何も考えずに、馬鹿できる間柄が「友人」なのかも知れない。
そうするとかなり「友人」は少なくなってしまう…。

だとすれば、「知人」はある一定の礼儀と、そして距離をもって接さなければならない。

仕事でお世話になった人たちは決して友人では無いにせよ、「知人」と呼ぶには、何か距離を感じてしまう。
良くは分からないが、何か良い表現方法はないものかなぁ。

なんて思い考えていると、答えなんて出ないから、これからも仲良くしたい人はキット私にとってこれからも必要なんだと思う。
彼らの生き方、アドバイスは無知な私にいろんな刺激をくれ、世界を広げてくれる。
私には、意味のある出会いをした人たちばかり。
これからも何らかの形でコンタクトを取って、そして私にかまって欲しい。

かまってもらって、いじられて。
一緒にお話ししたり、一緒に出かけたり、一緒にお酒を飲んだり。
そんな関係が私は大好き。

馬鹿なことをするのも大好き☆
おふざけするのも、もちろん大好き☆
でもきちんとしなくちゃね。

この区別をキチンとするから、羽目をはずせるときって、自分を出せる時って面白いんだと思うし、楽しいんだと思う。

これからも人生、おバカできる人、
めいいっぱい人生楽しみましょ!うふふ
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-11 00:34 | ♪myself

DVD SHOPPING!

昨日もいつもの、DVD購入場所、サラデーンにいってきた。
夜しか(?)にぎわうことの無い、パッポン通りのある場所である。

収穫、DVD10枚、それから、今日はCDも6枚購入☆
うふふの買い物。
そして昨日、帰宅して、DVDを一本みて、そして就寝。
なので。いうっまでもないが今日は眠い。

しかし今日は22時まで仕事の日。
テスト対策期間の振り替えは昨日で終了。
普通に個人が3つに、クラスが1個。
でもでもでも。
今日は1週間のうちで一番好きな日だわ☆

大好き5歳の男の子に(英語の読み書きOKだけれども、日本語は話し言葉のみ。)あいうえお、教えてる。
純日本人だけれども、インターに通っているので、まったく日本語の語彙を知らない彼。
なので日本語の単語を全く知らないことがザラ。
彼の調子の悪くなると、いきなり英語にスイッチしてしまう。
でも、本当にかわいいの☆
(時々、もういやにもなるけれども、やはり誰かを育てるって、そういうことよね☆)

かなり面白い。
この子の親が、以前言っていた、設計士なのです。
とにかくお金持ちなのがわかる。
家も広い!
(週に一度のみ、自宅レッスンがあり、彼の家はわがアパートの1フロア位ある!とにかく広い!そしてきれい!そして、生活観を感じさせない。
やはり、素敵に暮らすって、その人自身の問題なのよね。でも、和とアジアがミックスされてて、誰もが、といっては語弊があるかもしれないが、
100人中、90人は好きと答えるだろう。)

そして次のレッスンが、またまたインターに通う、日本で言うところの、中学1年生。
純粋無垢な感じの男の子で、スポンジのようにとはいかないが、語学の吸収が良い。
まだ英語を始めて半年。
日常会話は、OKくらいになっており、とっても素敵なこと。
そんな彼の大好きなことは、日本のドラマを見ること。
賢いけれども、お姉ちゃん大好きなかわいい男の子ですわ。

7時5分前から始まる、この塾で一番好きなクラス、
中3の彼ら。
日本人学校に通う男の子8人、インターに通う女の子2人のクラス。
なんともいえなく、テンションが高く、そして勉強ができるものの、おふざけも大好き☆
将来、絶対いいやつ!(人間的に素敵な人になる確率の)男が潜んでいると思うの☆
そんな可能性のあるやつ、何人かいるんだな、これが。
とってもそんなことを考えていると、なにか、こう、年をとった感じがするので、
心も、お肌も若いが勝ち!(だれか、こんなこと言っていたなぁ…笑)

そんなんで、もう昼も終了☆

今日は昨晩のDVD購入の旅&鑑賞会にもかかわらず、眠たくない!
昨晩はハイネケン、1本だけだったからだと思う。
酒はほどほどにですな。
↑「今更?」ってかんじだけれども…。うふふ

あらら。最後のプライベートレッスンの子、書かずに終わりそう。
ま、いいよね☆
塾の回し者でもなければ、勧誘をしているわけじゃないから♪
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-08 15:17 | ♪myself

納豆食べて…

今日も、巨大ショッピングデパート、エンポリのスーパーで、
恒例の納豆を食した。

やはり落ち着くひと時。
そして今日は用意周到な私。
家から、味噌汁、そしてポケモンふりかけ(本当はお茶漬けなんだけれども)を持参。

うまかったぁ。
今昼休みを利用してこの文章を書き始めたものの、
後5分少々でその時間も終了。

あぁ。おなかいっぱいのまま眠ったら、どんなに素敵なことなんでしょう☆
とか思いながら、この画面に向かって、後1時間ほど、この会社で仕事をし、
そして現在所属する、塾へと向かう。

でも、3週間はあっというもの。
結局、この会社の手伝い、3週間の、あと1週間しか残っていない。
本当に早いなぁ…
こうやって、人は年をとっていくのね…あわわ。


さて、今日は初めて他人にこの存在を紹介してみた。
いつ覗いてくれるかを楽しみにしつつ、
そしてどきどきしながらちょっと、誤字脱字の多い、私のブログを読んでくれたらなぁ、
なんて思っているのだ。笑

この国での納豆。
スーパーではお手ごろな値段で売っているものの、
せっかくの納豆を、タイ米と食べては、何もおいしくない。
むしろ食べないほうが良いのだ。

なので、いつも私は「カオニャオ」と呼ばれる、タイのもち米(タイ人は、これを好き好んで、普段の生活の中でもよく食している。)と一緒に食べるのだ。
もちもちっとして、なかなかおいしい。

ま、自宅に炊飯器と、冷蔵庫さえあれば、伊勢丹などで、日本米を買い、
そして毎日納豆かけご飯生活はできるものの、ま、そこまで毎日米や、納豆を食したいとも
思わないので、このくらいで十分。

しかし、生卵は高い!
1パック12個入りで、100~200Bくらい。
マジ高いよね。

そして日本食屋でも、昨日食べた、「ハンバーグ定食」160B。
ご飯、味噌汁、お新香、サラダ、ハンバーグ、コーヒーがつくのに対し、
ご飯、味噌汁、生卵、納豆を単品で頼むと、軽く、200Bは超える。

そんなんなら、普通に定食食べたほうが良くない?
日本では、納豆=健康食で安い
だけれども、
この国では
生卵&納豆=高い、そしてタイ人がいやな顔をすること間違いない!

本当に、あのネバネバがいやみたいで、
食べているそばで、「本当はうまくないだろう」「臭い」「おぇぇぇぇぇ」などされる。

ま、どっちもどっち。
タイ人が、ご飯にココナッツをかけて食べたり、マンゴーかけご飯があったりと、
不思議な食事はたくさんある。
ご飯に、そもそも甘いものをかけて食べること自体、許せない。
しかし、タイに長く住むと、その味にもなれるらしく、私の周りの半数は、
ココナッツご飯や、マンゴーご飯をおいしいという。

マンゴーご飯。
食してみた。
でもやはりNG!
無理無理無理。
先入観もあるけれども、とても無理!

そのまんま、それぞれを食べたほうが絶対うまい!

タイ人は、素材の味を楽しむことを知らないと思う。
ぁ、甘い!!!!!!!!!
ヵ、辛い!!!!!!!!!!!
本当にこれのどっちか。

あぁ、辛いものは平気だけれども、半端ない辛さがタイ人はお好き☆
日本人は舌もしびれて、何も食べられないほど。
それか、砂糖を「これでもか!!!」って位、スープに入れて食する。
ラーメンにも。
お菓子は甘くて、当たり前。
フルーツは、砂糖と唐辛子をミックスしたものを付けながら食べる。
これも日本人の多くには受け入れられない。

そのまま食べたほうがおいしいってこと、知らないみたい…。
[PR]
by kayokkoluke | 2005-07-07 15:09 | ♪amazing thailand


2002年生まれのLUKEと2012年生まれのR2と一緒にお散歩の毎日。May the force be with you, Happy& Smiling guys are,in 2014


by かよっこ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
♪一緒に
♪LUKE
♪R2-D2
♪myself
♪Luke & R2-D2
♪my family
♪handmade stuff
♪wonderful japan
♪@DisneyResort
★recomended★
♪amazing thailand
♪around the world
♪traveling in AUS
♪traveling in CHN
♪traveling in IND
♪traveling in JPN
♪traveling in KHM
♪traveling in LAO
♪traveling in MYS
♪traveling in SGP
♪traveling in THA
♪traveling in VNM
♪traveling in KOR
♪Japanese Castles
♪バドン to me
未分類

最新の記事

横浜夜景クルーズ
at 2016-06-13 08:06
紫陽花キレイカタツムリ
at 2016-06-07 18:20
もこもこパーカーリメイク
at 2015-12-20 07:53

タグ

(125)
(80)
(55)
(52)
(29)
(26)
(24)
(23)
(21)
(20)
(17)
(16)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)

検索

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

画像一覧

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

ライフログ











その他のジャンル